トピックス一覧へ戻る>

安全・安心な米づくりへ/水稲種子温湯消毒作業 2017年3月30日

安全・安心な米づくりへ/水稲種子温湯消毒作業  常盤基幹支店は3月18日から27日まで、水稲種子温湯消毒の請け負い作業をした。同支店管内の生産者や今年から「青天の霹靂(へきれき)」の特別栽培米を行う生産者など合計265人が申し込み、「つがるロマン」約24トン、「青天の霹靂」約7トンなど合計約31トンの水稲種子を消毒した。
 温湯消毒は、農薬使用と同等の殺菌効果が期待でき、農薬成分が少なくなるので減農薬栽培に取り組む組合員にとってメリットが大きい。JAの佐々木篤指導係長は「ばか苗病や発芽不良を起こさないよう慎重に作業をしている。農家とJAが協力して、今後も消費者に安全・安心な米を提供したい」と話した。



健康で楽しく生きることの大切さ/健康・生きがい講座島田洋七講演会 2017年3月1日

健康で楽しく生きることの大切さ/健康・生きがい講座島田洋七講演会  2月23日、本店で健康・生きがい講座島田洋七講演会を開き、組合員や地域住民ら300人が参加した。
 「笑うことで心と体に健康効果がある」と言われていることから講師に漫才師の島田洋七氏を迎え、「心の豊かさや健康に生きることの大切さと楽しく生きるコツ」をテーマに講演。笑うことが健康にいいとし、「人生は笑って楽しまないといけない。そのために健康でいなければならない。笑う・歩く・寝ることが大切」とユーモアたっぷりに話し、会場は終始笑いに包まれた。



新たな品目選定と戦略を/認定農業者経営セミナー 2017年2月13日

新たな品目選定と戦略を/認定農業者経営セミナー  認定農業者連絡協議会は2月3日、営農経済本部で認定農業者経営セミナーを開き、認定農業者約40人が参加した。
 講師に株式会社ナチュラルアートの代表取締役社長鈴木誠氏を迎え、地域農業と地域経済の展望について学んだ。国内農業を取り巻く環境がますます厳しくなると予想される中、農業者は現実的な農業経営を再構築する必要があると説いた。「輸入品目に負けない日本での強みを生かした品目を適正規模で行うスモールパッケージ型戦略的農業経営を目指そう」と講演した。
このページのトップへ戻ります

ご利用にあたって
Copyright(C) 2008 JA津軽みらい. All rights reserved.