トピックス一覧へ戻る>

品目ごとに知識習得/冬期農業講座 2021年02月10日

品目ごとに知識習得/冬期農業講座  JA津軽みらいは2月5日、平川市で冬期農業講座を開いた。農業に関する情報や専門知識の習得を目的に農閑期を利用して行っており、りんご部門と水稲部門を設け、生産者自ら選択して参加する。
 りんご部門では、新屋支店管内の園地で剪定会を開き、約200人が参加。剪定士や県りんご協会の技士ら8人が講師を務め、主力品種「ふじ」の普通栽培とわい化栽培、半わい化栽培の木を実際に剪定しながら作業のポイントや枝の性質、注意点について説明した。
 また水稲部門は、JA本店で50人が参加し、米動向と今後の展望とクリーンライス薬剤の変更について学んだ。


りんご剪定を学ぶ/各地区で実演講習会 2021年1月20日

りんご剪定を学ぶ/各地区で実演講習会  JA津軽みらいの管内で、りんごの剪定作業の時期となり、各地区で剪定技術向上のため、剪定講習会が盛んに開かれている。
 黒石基幹グリーンセンターは1月14日、黒石市の園地でりんごの剪定講習会を開いた。生産者約100人が参加し、作業の手順やポイントなどを学んだ。
 剪定士の加藤浩揮さんと村上日出人さんが講師を務め、普通栽培とわい化栽培の木で必要となる枝の特徴や性質などを実演しながら説明した。
 参加した生産者は「剪定は、りんごの生育や作業効率に大きく影響を与える重要作業。参考にして、今後の剪定作業を進めていきたい」と話した。
このページのトップへ戻ります

ご利用にあたって
Copyright(C) 2008 JA津軽みらい. All rights reserved.